Event is FINISHED

ゲーム開発環境勉強会@ビサイド

Description

はじめに


近年、ゲーム開発(コンシューマ、PC、モバイル含む)はどんどん大規模かつ複雑になってきています。そのためもっと効率良く上手に開発を進めることが求められています。その傾向もあり、ゲーム開発に関する技法や手法、ツールもさまざまなものが登場してきています。

このようにゲーム開発環境のプラクティスは、ゲーム開発を成功させる確率を上げるためにも今後も非常に重要な要因の1つとなりますが、実際にはそのような手段の話はあまり語り合う機会が無く、情報があまり入ってこないという事実もよく耳にします。


今回、Facebookグループ「ゲーム開発環境勉強会」の管理人であり、開発環境関連の講演を多数されているこかわたかし氏を始め、ゲーム開発環境について博識な方々に最近の開発環境についてご講演いただき、また参加者のみなさんとディスカッションできる場を設けたいと思います。


トピック

  • 自動テスト環境
  • ユーザビリティ向上のための取り組み、ユーザーテスト
  • QAエンジニアリング
  • 継続的インテグレーション(CI)
  • 継続的デプロイ(CD)
  • アセットパイプライン

持ち物

  • 筆記用具

概要

  • 日時:2016年2月13日(土)12時00分~19時00分
  • 会場:株式会社ビサイド (会場への行き方)
  • 参加費:1,000円 (ビアバッシュ代含む、当日会場払い)

タイムテーブル

  • 12:00: 開場&受付開始
  • 12:30: オープニング会場諸注意等
  • 12:45: 自動化や自動テストについて最近の話題をさらいます (こかわ たかし)
  • 13:45: SlackでChatOps カヤックの事例紹介 (永安 隆史)
  • 14:15: 休憩15分
  • 14:30: Jenkinsを使ったコンシューマゲームでのデプロイとテスト (田中 宏幸)
  • 15:30 Electorn による開発支援ツール制作 (南治 一徳)
  • 16:30: 休憩15分
  • 16:45: ラウンドテーブルテーマに沿ったワールドカフェ(ビアバッシュ付き)
  • 18:45: 解散

ワールドカフェ

メンバーの組み合わせを変えながら、小グループで決められたテーマに対する話し合いを続けることにより、あたかも参加者全員が話し合っているような会話が行える場です。


講演者(順不同)

  • こかわ たかし
  • 永安 隆史
    • カヤック
  • 田中 宏幸
    • 株式会社イリンクス 代表取締役社長。大小様々な会社を経て2010年12月に株式会社イリンクスを設立。理想の開発環境を目指して奮闘中。
  • 南治 一徳
    • ビサイドでゲームを作っています。代表作は「どこでもいっしょ」シリーズなどなど。

スタッフ


ゲーム開発環境勉強会とは?


ゲーム開発環境勉強会は、ゲーム開発における開発工程や、より効率良く開発を行うための手法やツールなど、ゲームを開発する上でそれを取り巻く環境に関して広く深く学びあう会です。


会場について


今回、ビサイド様のご協力により会場提供いただきました。ありがとうございます。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-02-02 01:15:55
More updates
Sat Feb 13, 2016
12:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 (当日払い1,000円)
Venue Address
〒190-0012 東京都立川市曙町1-21-1 ユニゾ立川ビル1階 Japan
Directions
JR中央線、南武線、青梅線 立川駅 下車 北口 徒歩7分
Organizer
imagire
64 Followers